【糖質制限】ファミマのコーヒーワッフルとバターコーヒーは「ありよりのありなおいしさでした」

【この記事で対象になる方】

※掲載の記事は「体験談」や「個人の感想」の為、利用や実施については全て自己責任でおねがいします 。

緩めの糖質制限でダイエットを楽しんでいる方。

本記事はTwitter社のtweet埋め込み機能を利用しております。 Twitter社の規約には違反してはおりませんが、tweetの削除を希望される場合はご連絡ください 。

ファミリーマートのライザップシリーズって
定着したキャンペーンって感じがするよね。

糖質制限にとりくんでいたのはローソンだけだったのに、
まさかのRIZAP提携には当時びっくりしたくま。

そんな中で最近発売された「コーヒーワッフル」が結構おいしいので
紹介しようかなとおもってね。


↓ お急ぎの方は目次より 【まとめ】 へジャンプできます

コーヒーワッフルのバターコーヒー のそれぞれの成分を確認してみた。

・バターコーヒーバニラ風味はよくある「糖類ゼロ」記載なので怪しんで炭水化物を確認したところ100mlあたり0.4g。容量が240mlなのでザックり計算で1g。 これはかなり優秀だなと思いながら飲んでますが、甘さの由来は人工甘味料です。 バターコーヒーについては シリコンバレー式 自分を変える最強の食事で紹介されていましたね。ちなみに MCTオイルとはココナッツ等から精製される「中鎖脂肪酸」を含むオイルのことで、直接肝臓に運ばれ即効性のあるエネルギー減となります。

コーヒーワッフルは炭水化物が18.8gですが、食物繊維が9.2gも入っているため、糖質としては9.6gです。食物繊維は一日24g相当をとるのが理想とされている為、約40%を確保することができます。糖質制限中は便秘になる方が多いのでなかなか良いですね。多くの糖質制限に対応している「おやつ」は、甘味料にエリスリトールをファミマは使っている傾向がありましたがあり、今回は砂糖、ブドウ糖、ステビアで甘みを出しています。

Twitter上でファミマのバターコーヒー(バニラ風味)の評判を確認してみた

「バニラの香りがしっかりとしていて甘い」人工甘味料の風味もきにならなったくま。
「おすすめ度 ☆★★★★」

同じくTwitter上でファミマでライザップ「コーヒーワッフル」の評判を確かめてみた

コーヒーワッフル

最近のおやつは「コーヒーワッフル」を毎回チョイス。口コミの通りであまり甘くないので大人向けですね。
何度もリプしてるのはあきない甘さとコーヒー等の飲み物にぴったり。半分だけ食べようもありかな。
「おすすめ度 ☆★★★★」

【まとめ】ファミマの「コーヒーワッフルとバターコーヒー」はゆるい糖質制限にぴったりの組み合わせ。※注意点あり

両方食べると実は「間食」でゆるされている「糖質10g」を超えてしまうのでおやつであればどちらかにする。
・昼食は「軽食ですませたい」「デスクで作業しながら」であればこれに「サラダ」と「サラダチキン(糖質ゼロ)」でおなか一杯になる。
・バターコーヒーは一部の店舗では販売していない。味はコーヒーと今回紹介したバニラ風味の2種類がある。
・ここまで読んでくれた皆様にネガティブ情報を。新作の「RIZAP カスタードプリンSpecial」は。。。。僕はもうかわないかな。


Writting 〆 くまさん運営
さくら組組長

糖質制限をはじめて4年目のくま。 自力で1年でHbA1c 9.5から5.4にまで改善、体重も20キロの減量に成功し、糖尿病の合併症の恐怖から安全圏に離脱する。優しくなるべくなら失礼なく、馴れ馴れしく。好きなものは「はちみつ」「睡眠」
掲載の記事は「体験談」や「個人の感想」の為、判断は自己責任でお願いします

created by Rinker
当ブログのアイキャッチは漫画家の「なおさん(@naosan2011)」 の作品で「おソノさん」にお手伝いいただいております。

スポンサーリンク